読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋のドア開けたら

成瀬領さんに育てられ中島裕翔くんと戸塚祥太さんに

“かなり”の遅れでムンウォ旋風が来た話

今回はA.B.C-ZのMoonlight walkerがかなりの時間差*1かかってムンウォにハマった話をしていきます。

 

今回の話の意味が分からなくなるかもしれないからムンウォかReboot!!!をポチって下さい。

 

ポチってね☆(圧力)

 

その1、そもそも曲調が少し苦手だった

 

ムンウォが発売された当初、ジャニヲタの中で凄い流行ってたような気がします。

ネットで流れてきた動画を見ると...「う~んあんまりだなぁセンターの橋本くん?だっけ?が痩せすぎじゃないかな?凄く怖い」というのが率直な感想で、*2

その頃の私はJUMPではwalkとかパステルみたいな爽やかな曲が好きでした。

なのでその頃の感想はしょうがないかな、と思ってます。

 

 

その2、A.B.C-Zを知らな過ぎた

 

大体これのせい。当時のA.B.C-Zのイメージって、

 

はっしー:センターらしい。チャラそう。

 

戸塚さん:薮くんのイケメンな友達。薮くんに向かってデップと飯に行ったとか言ってる。ジョニー・デップの事だよね。友達じゃないだろ(正論)

 

ふみちゃん:かんぽさん。ジェネ天*3に出てる。

 

五関様:何故五関様呼びなのか解からない。このグループの中で1番タイプじゃない*4

ぶっちゃけたまにはっしーと見分けがつかなかった五関様の事をはっしーだと思っていた。

 

塚ちゃん:“金髪、筋肉、塚ちゃんです!”の人。お母さん曰くとってもいい人らしい。フジテレビ曰くアウトな人らしい。

 

この頃のA.B.C-Zの印象がまず酷い。

何故五関様とはっしーを間違えるんや。おかしいだろ。その時ははっしーの事ホスト的な人だと思った。凄い勘違い。

 

とにかくそれをまとめると、

・ムンウォは昔苦手だった、主に曲調が。

・ムンウォリリース時のA.B.C-Zの印象が凄く酷かった。(五関様とはっしーの事を間違えたり)

・今聴くと凄い良い曲

・はっしーの激痩せも見れるようになった。

 

ちゃんちゃん!まとめたよ!

 

 

 

 

*1:1年半程度

*2:凄い失礼な話だなおい

*3:山P司会の番組

*4:今は1番タイプです。